読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラHID研究所

ヘッドライト、フォグライトで使えるHID、LEDライトの初心者向け解説ブログです。

なぜ今、フォグ用LEDが売れているのか?

フォグ専用LEDとは?

フォグ専用LEDコンバージョンキット

どーも管理人です。
今回は人気沸騰中のフォグ専用LEDコンバージョンキットを紹介します。
数多くのメーカーがフォグ用LEDを販売するなか、なぜスフィアライトの
フォグ専用LEDが選ばれるのか?みんなが知りたいそんな疑問をこれから紹介していきます。

フォグ専用LEDコンバージョンキット

フォグ専用LEDとは、フォグの機能を最大限に活かすため専用設計されたLEDライトの事です。
フォグの機能とは、ヘッドライトよりも広い範囲の視認性を向上させ、霧の中などの視認性が悪い場所での被視認性を向上させることです。
フォグレンズはヘッドライトレンズとは全く異なった設計をしているため、専用のライトが必要になります。

フォグ専用設計

フォグの強みを最大限に活かした発光面! LEDヘッドライト、LEDフォグライト

スフィアライトLEDの発光素子は半球型の点の形をしています。
それに比べてフォグ専用LEDの素子は全体に広がり面の形をしています。
この違いが非常に重要で、遠くを照らすヘッドライトは光を一点に集中させるために点の形をしています。
フォグライトの目的は広い範囲を照らす事なので発光面が面の形をしていれば周囲をより広く照らすことが出来るため、フォグの強みを活かすことが出来ます。

フォグに適した身軽なボディ
フォグの装着スペースはヘッドライトよりも狭く、場合によってはバンパーなどを外して作業を行う必要がございます。そのためフォグ専用LEDは極限までボディを小さくして取付け作業の効率を大きく上昇させました。

フォグがLEDである強み!

バッテリーに優しい省電力
フォグ専用LEDの消費電力量はたったの【16w】純正ハロゲンが【35w】なので、半分以下の消費電力量で点灯する事が出来ます。消費電力量が少なければバッテリーへの負担も少なく、省電力しか使用できないフォグランプには非常に相性が良いです。
レンズ溶けの危険性が少ない
フォグレンズの素材はヘッドライトと違い【樹脂製】の物が主流になります。
【樹脂製】のフォグレンズですと、ハイワッテージのライトを装着した際にレンズが溶けてしまう可能性がありますが、フォグ専用LEDであればその心配は極めて少なくなります。

なぜ?スフィアLEDが今人気なのか

現在、数多くのフォグ用LEDが販売されていますが、なぜ?ここまでスフィアライトが人気なのでしょうか。それは、スフィアライトが車検対応LEDヘッドライトを業界で初めて発売したメーカーだからだと思います。また、オートバックス、ガリバー、タイヤ館、などの量販店にも商品が置いてあり、ある程度の品質が管理されている商品だということが分かります。
以上の理由からスフィアLEDは今人気沸騰中のLEDライトになりました。

 

スフィアLED for フォグ

H8/H11/H16
HB4
PSX24W
PSX26W
¥12,800(税込)

・ホワイト(6000K)見た目の美しい純白色。
・イエロー(3000K) 霧や雨のもしっかり見える。

↓詳しくはこちらから↓

スフィアLED for フォグ スフィアLED for フォグ