キラキラHID研究所

ヘッドライト、フォグライトで使えるHID、LEDライトの初心者向け解説ブログです。

H1、H3/H3a/H3d/H3c、H4について

バルブ形状の詳しい解説

今回は沢山あるHIDのバルブ形状を一つずつ解説していきたいと思います。

HID形状には他の形状に流用出来るものや名前が複数あるバルブも存在するのでそこら辺の詳しい解説をしていきます。

H1形状

H1形状 輸入車に装着されている事が多い形状です。

ロービームとハイビームに装着されている事が多くフォグランプに装着

されている事が少ない形状です。

円の半分がカットされた形状です。 

f:id:ryo4433:20140622011456g:plain

H3形状

H3形状 は種類が多くややこしい形状です。

H3/H3a/H3d/H3c/H3c(ショートタイプ)と種類が多いです。

 

H3形状の違いを説明するには言葉だけだと分かりずらいので参考画像をご覧ください。

f:id:ryo4433:20140622000138g:plain

まずH3をベースに考えて説明します。

通販で販売されているHIDはほとんどのメーカーがH3のみで

H3a/H3d/H3cとご丁寧に分かれていません。

 

H3以外の形状に装着する場合は加工が必要になります。

(紙やすり1枚あればできるのでご心配なく)

 

H3aの場合

H3のくぼみ部分を1ミリ削り加工すれば装着可能です。

また、H3aはマイナスアースが出ていますがHIDの場合は関係ないので無視してOKです。

H3dの場合

H3a同様くぼみ部部を1ミリ削り加工が必要ですがH3dの場合はなぜか

そのまま装着出来る事が多いのでそのまま装着してみてだめなら紙やすりで削ってください。

H3cの場合

H3cは加工なしで取り付けできますがH3cとH3c(ショートタイプ)を

間違えないように気を付けてください。

見分け方としてはバルブのガラス管の長さが極端に短いものがショートタイプで

それ以外のものがH3cになります。

H3cと適合表に書いてある商品は必ず購入前にライトユニット内部の長さか

バルブの長さを確認して下さい。

そうしないと同じH3cでもバルブの長さが長くて装着出来ないことがあります。

H3c(ショート)の場合

上記でも説明しましたがH3c(ショートタイプ)はH3と台座部分の作りは

まったく一緒ですが、ガラス管の長さが短いタイプです。

H3c(ショートタイプ)の車に通常のH3を取り付けするとバルブが長くて装着出来ません。

有名な例ですとハイエース200系のフォグランプなんかはH3c(ショートタイプ)

で通常のH3では装着不可です。

ちなみにスフィアライト のH3バルブならH3c(ショートタイプ)以外のH3であれば

加工なしで全て装着できるので非常に楽です。

H4形状

H4形状 は非常に普及率が高く日本車の場合は6割がこの形状になります。

特徴としては

通常車のライトはハイビーム用とロービーム用で左右合わせて4灯ライトが必要ですが

H4タイプは1本のバルブでハイビームとロービームの切り替えができる為左右合わせて2灯のライトで点灯する訳なのです。

 

なのでH4のハロゲンランプが装着されている車にHIDを装着する際は

1つのライト交換でハイビームとロービーム両方交換出来てしまうのです。

 

H4はスライドしてハイローが切り替わる

H4タイプはハイビームとロービームがスライドして切り替わります。

どのように切り替わるかというとガラス管が上下に移動して発光点がズレて

切り替わるということなのです。

 

スライドする方法にも種類があってバネ式のものとソレノイド式(磁石式)の

物があります。

ソレノイド式(磁石式)の方が性能としては上ですが同時にコストも上がるので

一長一短ですかね?

 

正直スライドすればどちらでも問題ありませんよ(´-ω-`)

 

H4はスライドする為にリレーが必要

H4はスライドする為にリレーというパーツが必要になります。

以前に紹介した電圧降下防止リレーとは別でHi/Lo切り替えリレーというものが

必要になる訳です。

 

これは1メートルぐらいの配線で電圧降下防止リレーのようにバッテリーから電源を取ります。

これはH4のHIDキットを購入すればセット内容に入っていますが装着しないと取り付け出来ないので気を付けて下さいね

 

f:id:ryo4433:20140622011954g:plain

バルブ形状、適合について

バルブ形状について

バルブにはいくつかの形状があります。

HIDを車に装着する際にバルブ形状が車と適合していないと装着ができません。

 

つまり、現在車についているライトの形状とこれから購入するHIDの

形状が同じでないといけないのです

 

今回は形状の種類と特徴などを説明していきます。

 

HIDの適合はハロゲンランプと一緒!

実はHIDの適合というのは現在車に装着されているハロゲンランプ

まったくいっしょなのです。

 

もし、HIDを取り付け予定の車のハロゲンランプがH4タイプであれば

HIDもH4タイプを購入すればOKという事です。

 

現在乗っている車のハロゲンランプの形状が分からない場合は

車検書を持ってディーラーに電話すればすぐ教えてくれますよ!

 

今でしたら適合表 もあるので参考にして下さい。

 

全部でこんなにあるバルブ形状

 

バルブ形状の種類はこれだけあります。

 

H1、H3、H4、H7、H8/H11/H16

HB3、HB4、HB5、PSX24w

D1S、D2S/D2R/D2C、D3S、D4S/D4R/D4C

 

今思いつく形状を全部上げてみましたがこれ以外にもマイナーバルブは山のように

あります。

 

まあ、要は自分の車に合う形状だけ分かれば問題ないので難しく考えないで

ください。

 

ちなみに日本車(プリウスアルファードなど)はH8/H11/H16とH4

欧州車(ベンツ、BMWなど)はH7、H1形状が装着されている可能性が高いです。

 

次回でもう少し詳しく説明していきますね。

 

(∞ ❛ั ⊝❛ั )バルブ形状ありすぎ、、、

 

 

HIDキット8,600円~ スフィアライト | SphereLight

カー用品【2分59秒でHID化!!!超簡単取り付け一体型HIDキット新発売】

 

 

上記メーカは博士が普段仕事で使っているメーカーです。

参考までにどうぞヾ(。>﹏<。)ノ゙

電圧降下防止リレーって何?

  

電圧降下防止リレーって何?

 

バラストって何?でお話したようにHIDの基本的な点灯に必要なパーツは

バルブとバラストだけで問題ありません。

 

しかし、HIDにはもう一つリレーというパーツが存在します。

リレーにはいくつか種類がありますが、今回は電圧降下防止リレー について

説明して行きます。

 

電圧降下防止リレーとはその名のとうり車の電力が低くなりHIDの起動電圧を下回ってしまい

HIDライトが点灯しなくなった時に自動的にバッテリーから足りない分の電力を補う為の配線です。

 

電力の低い軽自動車などにHIDを装着する際、HIDの起動電圧に電力が足りずライトが点灯しなくなる事があります。

  

しかし、この電圧降下防止リレーを装着すれば極端に電力が減っていない限り足りない電力を

バッテリーから補ってくれるという訳です。

 

電圧降下防止リレーはバラストと車の間に装着し車のバッテリーから電源を取ります。

 

この行為をバッ直で電源を取る(バッテリーで直接電源を取るの略です)とも言います。

 

電圧降下防止リレーは装着しなくてもHIDは点灯しますが

【個人的にはどんな車でも絶対取り付けしたほうがいい】と思っています。

 

なぜなら、HIDトラブルの中で一番良く聞く症状が電力不足だからです!!

 

おすすめ電圧降下防止リレー

以下では私が使用してきた中でオススメの電圧降下防止リレーを紹介します。

【電圧降下防止リレーはベロフやPIAAなどの高額HID以外は基本的に流用できるので

どのメーカーの商品使っても問題ないと思います。】

スフィアライト電圧降下防止リレー3980円

 

ちなみにバイク用のは2980円です!!(上記をクリックすればバイク用と車用を選択できます)

 

スフィアライトの電圧降下防止リレーはカプラーの接続部分がしっかり

しているので接触不良などの心配が少ないです。

他のメーカーの物だと商品が届いた時に既に配線が抜けている事が結構ありますからね。

 

それと初期不良(3ヶ月以内)であれば絶対に保証交換してくれるので非常に

助かっています*^ー゚)b グッジョブ!!

 

------------------------------------

 

ユアーズ電圧降下防止リレー2680円  

 

ユアーズのHIDはHB4カプラーが最初から装着されているのが嬉しいですね!

カプラーが最初から付いているのでポン付けで電圧降下防止リレーが装着できちゃいます。

 

ただこれはHB4のHIDのみですのでそれ以外の形状の場合はカプラー外して

装着して下さい。

 

カプラー外しがちょっとだけ面倒ですが私が知る中で作りがちゃんとしていて

一番安いのがユアーズなのでオススメさせて頂きます。

 

 

スフィアライトHID ユアーズHID はHID業界でも大手ですので覚えておいて

損はないですよ!

 

配線の長さは大体1m50㎝ぐらいの長さが一般的です。

 

 

(∞ ❛ั ⊝❛ั )収入も電圧も安定が一番ね!

 

 

 

HIDキット8,600円~ スフィアライト | SphereLight   

 

カー用品【2分59秒でHID化!!!超簡単取り付け一体型HIDキット新発売】   

 

 

 

上記メーカは博士が普段仕事で使っているメーカーです。

参考までにどうぞヾ(。>﹏<。)ノ゙

バラストの種類

バラストにはいくつかの種類がある

バラストの種類は基本的にワット数と本体の厚さ(大きさ)によって区別されます。

まず、ワット数の説明をします。

ワット数とは?

HIDのバラストにはワット数(出力の数値)というものが設定されています。 

簡単にいうとこのワット数が高ければ強い光が出るということです。

しかし単純にワット数が高ければいいということではありません。

出力が高ければその分負担もかかる事をお忘れなく。

ワット数には基本的に35wと55wがある

バラストのワット数ですが基本的に35wと55wがあります。 

純正HID仕様車は基本的に35wが装着されていて

55Wは社外品でHIDをつけた時のみ装着されています。

それ以外にも社外品HIDには75wや100wなんて物も存在しますが

HIDバラストは構造上出力が55wまでしか出ないので55w以上の表記のある商品は

記載詐称の商品と思って間違えないと思います。

この事実に関しては中国の大手HID工場で現地スタッフと確認しているので

間違えは無いと思いますが実際購入して出力値を図ればすぐわかりますね。

個人的なオススメのワット数は純正でも採用されている35wですかね。

  

超薄型とスタンダードタイプ

バラストにはワット数の他に本体の厚みにも種類があります。

なぜ厚さに種類があるのかというとHIDは車のボンネット内にバラスト

装着するのですが、ボンネット内部が極端に狭い車には小さいバラストでないと

HIDが装着できない事があるのです!

一般的には各メーカーで超薄型タイプとスタンダードタイプの2種類の

バラストをラインナップしているところが多いようです。

上記がスタンダードバラスト の画像です。

上記は超薄型バラスト の画像になります。

メーカーによってバラストのサイズがかなり違うので

購入前に必ずボンネット内部を確認してバラストの取り付け位置と

バラストのサイズと照らし合わせてください。

また、バラストは値段に比例して寿命が決まるので3000円以下の

低価格のものには手を出さないのがお金を無駄にしないコツです。

どこのメーカーもバラストは何種類か用意されているので

自分の車に合った物を選んで見ましょう! 

バラストって何?

HIDの基本構成

今回はHIDの基本的な構成を説明していきます。

前回の記事でHIDが明るいライト言うことは分かりましたね?

HIDはハロゲンランプより明るい分パーツの数が増えます

つまり、HIDはハロゲンランプと違いバルブのみでは点灯しません。

ハロゲンランプはバルブ(電球)を車から出ているコンセント(車体側電源)に

刺すだけで点灯します。

しかしHIDの場合はバルブ(電球)にバラスト(安定器)と言われる箱を

接続しないと点灯しません。

これがHIDとハロゲンの大きな違いです。

また、HIDの取り付け難易度が上がる理由でもあります。

(実際はそんなに取り付けは難しくありません)

バラストって何?

バラストとは車の電力を直流から交流に変換して電圧を一定にコントロールするパーツです。

バラストの効果はそれだけでなく

イグナイター(点火装置)で車の電圧12ボルトを20000ボルトに昇圧させて、バルブの放電部に電気を流し込む役割も持っています。

簡単に説明すると

車からきた小さい電力を大きい電力に変えるバッテリーのようなパーツです。

↓見た目はお弁当箱のようなこんな物(σ゚д゚)σ

たばこの箱より一回りデカいで!

バラスト

上記はユアーズユアーズバラストになります。

このバラストとバルブを接続して点灯させるのがHIDというわけです。

 (∞ ❛ั ⊝❛ั )バルブとバラスト

HIDとは何か?

HIDとは何か?

HIDとはHigh Intensity Discharge lamp(ハイ インテンシティ ディスチャージランプ)の略で高輝度放電ランプとも言われております。

ハロゲンランプと違いアーク放電によるで光源で電極間の放電を利用しているためフィラメントがなく、ハロゲンランプと比べて長寿命・高効率の次世代ライトです。(ハロゲンライトの故障の原因は8割がこのフィラメント切れです。)

車やバイクのライトは基本的に3種類ある。

自動車やバイクに使用されるライトの種類は全部で3種類あります。

下記でライトの種類と特徴を説明しますので覚えてください。

ちなみにバイクと車のライトユニットの設計は全て一緒なので車用のライトでも

バイクに装着出来るって知ってましたか?

ハロゲンランプ

1914年から自動車に装着されているもっとも一般的なライト!

現在世界で走っている車の半分以上はこのライトがついています。

ハロゲンランプが光る原理は、内部のフィラメント(熱すると光る配線)に通電し

これを熱しさせた際の発光を利用して光らせています。

車の電力によって明るさが変わるため古い車や電力の少ない車だと

かなり暗い点灯になります。

最近のエコカープリウスやアクア)のハロゲンランプは新車の状態でも

車の電力が低く設定されている為ライトを点灯させてもほとんど前が見えません(;^ω^A

明るさ☆

消費電力☆

耐久性☆☆

②LED

これは家などにも使用されているライトですね。

車の場合はルームランプ(室内灯)やポジションランプ(車幅灯)に多く使われております。

しかし、爆発的な明るさが無いためヘッドライトへの使用は今までありませんでした。

2013年~2014年に入ってようやく第二世代LED(ヘッドライトに使用できる明るさを持った次世代LED)が開発されてヘッドライトに使用されるようになりました。

電力を光に変える能力が非常に高いため熱を持ちにくいのが特徴になります。

明るさ☆☆

消費電力☆☆☆

耐久性☆☆

ちなみに博士のプリウスはこのLED装着してます( ´ⅴ`)

H4スフィアライトLED19800円

③HID【キセノン、ディスチャージ】

 HIDは光量が非常に多いのが特徴のライトです。

ゴルフ場や学校の体育館、イカ漁船なんかにも使われているハイパワーライトで

ハロゲンランプの3倍の明るさと一般的には言われております。

また、他のライトと違いカラーバリエーションも豊富でブルーライトピンクライト

があるのもHIDならではの特徴です。

HIDは非常に人気なライトで純正品だと10万~20万ぐらいしますが

社外品であれば1万~3万で購入できます。

最近は社外品でも高品質な商品が多く純正品を買うのは正直もったいないですね。

(純正品はディーラーの専用設計なのでどうしても心配な人はそちらをオススメします)

明るさ☆☆☆

消費電力☆☆

耐久性☆☆☆

HIDキット H8/H11/H16 8600円

なぜHID化するのか?

基本的に車やバイクを購入すると純正でハロゲンランプが装着されています。

(現在は純正HID仕様車も多いですがまだハロゲンランプが主流です)

しかし、このハロゲンランプかなり暗いのです。

東京のど真ん中しか走らないというシティボーイであれば関係ありませんが

それ以外の方は明るい方がいいですよね?

そこで安全性とファッション性を兼ね備えたHIDが今人気沸騰中なんです!!!

実際購入するお客さんの話を聞くと現在のライトが見えずらいお客さんが5割

ライトの色を変えたいお客さんが4割ですね。

残りの1割は寿命が長い方がいいということで問い合わせをしてきます。 

青いライトなんかは装着するだけで車の高級感が一気にUPするのでオススメですよ。

f:id:ryo4433:20140613184134j:plain

高級感が半端ないよ(;´゚_●゚)

f:id:ryo4433:20140613184142j:plain

自分の車のライト形状さえ調べればインターネットショップなどでスグに購入できますのでライトが暗いと感じる方は一度試してみてください。

今熱いメーカーは スフィアライト ユアーズ ユアーズというメーカーですかね。

グーグルとヤフーでHIDと検索すると1番目に出てくるのがこの2社ですから

信頼性はバッチリですよ。

逆に粗悪な激安HIDに引っかからないように注意してくださいね( ≧Д≦ )